MICT
  社会・自然科学(文理)融合による
         新医療システム研究の卓越拠点

研究拠点の概要


研究テーマ:
 先端科学技術による医療社会サービス・グローバルビジネスのためのレギュラトリー科学の研究教育を本学社会科学・自然科学系部局連携、地域連携、産学官連携、国際連携により推進します






1.研究目的


 科学技術イノベーションとグローバルビジネス・ディペンダブル社会サービスの間の橋渡しをするレギュラトリー科学の研究教育を本学の社会科学系(経済、経営、法学、教育人間)と自然科学系(工、環境情報、都市イノベ)の全学連携、地域連携(県、市、市大他)、産学官連携、国際連携により推進します。すなわち、医療過誤、薬事承認の遅れ(ドラッグラグ・デバイスラグ)などの問題を解消し、先端科学技術による医療グローバルビジネス・ディペンダブル社会サービスを成功し維持するために、レギュラトリー科学により、先端科学技術に基づく医療機器の従来ない効果・有効性(ベネフィット)と、過去に実績がないために適用に伴う人体や他の医療機器に対する安全上の危険性(リスク)を科学的解析し、そのベネフィットとリスクを定量化する評価尺度の導出、それに基づく安全基準などの法制化を万人の合意に基づき策定し、その実用化におけるコストなどの経済性を考慮したビジネスモデルの研究を推進します。


2.研究内容

 本学の社会科学系と自然科学系部局の文理融合による本学全体の対外評価向上、国際戦略として、平成25年度のリーディング大学院プログラム申請の協議を基に、レギュラトリー科学による文理連携・医工連携・地域連携・産学官連携・国際連携による「レギュラトリー科学に基づくディペンダブル医療社会サービス・グローバルビジネス推進」するための研究、教育、外部連携を行います。


3.研究方法

 医工融合モジュールにおけるレギュラトリー科学の代表実施例として、医療ICT機器薬機法・電波法認可のためのリスクとベネフィットの科学的定量解析・評価を実施します。 具体的代表例として、ICTに基づく医工融合イノベーションの中心であるボディエリアネットワーク(BAN)技術についての国際標準化IEEE802.15.6を完成させたことを受けて、オフィス環境や病院などの多様な現場での実証実験を行い、人体周辺での実利用に関する装着性や性能などのデータを収集して解析し、システムの改善を行います。


4.研究期間:平成27年7月30日 ~ 平成30年3月31日


5.拠点メンバー


 河野 隆二   拠点リーダー
          工学研究院知的構造の創生部門 教授
          未来情報通信医療社会基盤センター センター長
 杉本 千佳   工学研究院知的構造の創生部門 准教授
  
 小泉 淳一   工学研究院副院長・機能の創生部門  教授  
 宮澤 俊昭   大学院国際社会科学研究院  教授
 藤瀬 雅行   未来情報通信医療社会基盤センター 客員教授
 森  由美   未来情報通信医療社会基盤センター 客員准教授

            (以上、横浜国立大学)
 



関連リンク: 

 
平成26年度までの主要な活動
           

 
河野研究室


横浜国立大学 未来情報通信医療社会基盤センター(医療ICTセンター)
  • 〒240-8501 横浜市保土ヶ谷区常盤台79-7
  • 電話・FAX 045-339-4490
  • e-mail : mict@ynu.ac.jp
Yokohama National University
MICT Center (Center for Future Medical Social Infrastructure Based on Information Communications Technology)
  • 79-7 Tokiwadai, Hodogaya, Yokohama, 240-8501, Japan
  • Phone & FAX 045-339-4490
  • e-mail : mict@ynu.ac.jp